発音から英語は上手くなる

MENU

発音を優先して勉強する

英語と言えば、単語や文法を優先して勉強をしなければいけないイメージが強いと思いますが、それは間違いです。
なぜなら、その勉強方法は学校で学ぶ、受験に合格するための勉強方法だからです。
その結果、私たちは英語を使いこなすことも無く、忘れてしまい、英語ができないと思ってしまうだけなのです。
英語の教え方が悪いのも一つの理由で、単語や文法から一生懸命数をこなして覚えたとしても、英語を話さなければ慣れることはできないので、英語はできないまま終わってしまいます。
そもそも、日本人が英語に苦手意識を感じてしまう要因として、英語の音と日本語の音が根本的に違うことが証明されています。
日本語は音が低く、英語は音が高いです。
そのため、英語を聞き取ることが難しく感じるため、苦手意識を感じてしまいます。
また、英語を話すことができるようになるためには、聞き取る力が必要です。
なので、発音することと英語を聞き取ることができなければ英語はいつまでも上達することができないのです。
英語はこれから覚える機会が増えてくると考えられますし、必須な言語になると考えられてもいます。
たとえ苦手だからと覚えることを諦めていても、いずれ使いこなさなければならない時が来るかもしれません。
それに備えるためにも、大人になってから英語を勉強したいと考えている人はとてもたくさんいます。
しかし、継続して勉強することが大人になってからでは難しく、また自分のプライベートな時間も犠牲にしていかなければいけません。
英語を学ぶことはとても難しいですが、時間がある学生時代なら、将来の視野を広げてくれる可能性もあります。
大手企業に就職するためには、TOEICの資格が必要不可欠であり、また点数も多く取らなければいけません。
大人になってから勉強することは難しいですが、若い今こそ、勉強するチャンスが多いのも事実です。

将来特に海外の仕事に興味を持っていたり、暮らしてみたいと思っていたりするのであれば、英語を優先的に勉強することが大事です。
英語は役に立たないことは一切ありませんので、勉強を続けて損をすることはまずありません。
しかし途中で諦めて挫折をしてしまうと、時間はかえってきませんので十分に注意をしてください。
自分は本当に英語を勉強する気持ちが強いのか?また将来について真剣に考えて、英語が本当に必要なのかどうかを判断することも大切です。
ですが、これから先英語は必要なので勉強する時間があるのであれば勉強しましょう。

 

テスト